2010年03月29日

<強制わいせつ>追起訴の警部懲戒免職 福岡県警(毎日新聞)

 福岡県警は25日、強制わいせつ罪で追起訴された同県警警部、新田隆被告(50)を懲戒免職処分にした。新田被告は別の女性への強姦(ごうかん)未遂容疑で08年3月に逮捕され、免職処分を受けた。しかし処分を不服として県人事委員会に審査請求し、停職に変更されて復職していた。

 県警の西谷五郎首席監察官は「事実関係を踏まえ厳正に処分した。警察に対する県民の信頼回復に努めたい」とコメント。一方、新田被告の弁護士は「強制わいせつ罪も無実であり、県人事委員会に審査請求をする方針」としている。

 県警によると、新田被告は機動捜査隊班長だった06年10月14日午前3時ごろ、同県大牟田市の車内で女性に覆いかぶさるなど、わいせつな行為をしたとされる。県警が先月3日に逮捕した。新田被告は否認しているという。県警は当時、機動捜査隊長だった警視(60)も監督不十分で本部長注意処分とした。

 新田被告は強姦未遂容疑で逮捕され不起訴となったが、福岡検察審査会の議決を経て、昨年11月に在宅起訴された。しかし県人事委員会は12月「犯罪の事実はない」として、処分を停職1年に修正。既に処分期間を過ぎていたため、復職し起訴休職となっていた。

【関連ニュース】
福岡性的暴行:英会話学校の米国人経営者を起訴
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
性的暴行:知的障害の少女被害、損害賠償を増額 東京高裁
児童ポルノ:定義の厳格化求める 日弁連が意見書
性的暴行容疑:逮捕の英会話教師、保護者から性教育承諾書

<センバツ>「負けて恥」発言の開星監督、処分へ(毎日新聞)
久保が勝ち2勝2敗=将棋棋王戦(時事通信)
<傷害>男子高校生、バイクの男に腹刺される 静岡・焼津(毎日新聞)
3月末で平日昼間割引終了=夜間、週末は継続−首都・阪神高速(時事通信)
<仙谷国家戦略相>日本免許ない外国人医師受け入れに前向き(毎日新聞)
posted by ムラオ タダヒコ at 18:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。