2010年03月17日

総務相が再び遅刻=野党側の反発で流会−参院総務委(時事通信)

 参院総務委員会は16日、原口一博総務相が遅刻したことに野党側が反発し流会となった。総務相が出席していた衆院本会議が長引いたためだが、総務委の世耕弘成筆頭理事(自民)は「何の連絡もなかった。(参院予算委に続く)2度目の遅刻で納得いかない」と批判、総務相の陳謝と再発防止策の徹底を求めている。
 原口氏が出席していた衆院本会議は、午後2時5分ごろ散会予定だったが、散会は2時10分すぎ。参院総務委は同10分の開始予定で、約5分遅刻した。この日は、地方税法の趣旨説明などが予定されていた。 

【関連ニュース】
首相、離党の邦夫氏にエール=本会議場で会話
鳩山元総務相、同調者確保に本格着手=自民離党を与謝野氏に報告
園田氏インタビュー要旨
総額は6954億円=3月特別交付税を閣議報告
地方議員年金「存続させたい」=原口総務相

<ケヤキ・庭石訴訟>元助役らに7億円賠償命令 福岡地裁(毎日新聞)
<民主>国会改革で全体会議 単独提案も視野(毎日新聞)
米ニューヨークで霊きゅう車をレッカー移動(スポーツ報知)
阪神なんば線開業1年 商機つないだ新線力 百貨店・ホテル・大学潤う(産経新聞)
非核と抑止力、どう両立=密約「清算」なお課題(時事通信)
posted by ムラオ タダヒコ at 03:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。