2010年03月23日

<赤旗配布事件>元厚労課長補佐の控訴審結審(毎日新聞)

 警視庁官舎で共産党機関紙を配布したとして、国家公務員法(政治的行為の制限)違反に問われ、1審で罰金10万円の有罪判決を受けた元厚生労働省社会統計課課長補佐、宇治橋真一被告(62)=定年退職=の控訴審公判が19日、東京高裁(出田=いでた=孝一裁判長)で結審した。弁護側は「勤務時間外の政治的行為で、行政の中立的運営を損なうものではない」と改めて無罪主張した。判決は5月13日。

【関連ニュース】
厚労省:グループホーム防火体制の徹底、全自治体に通知
厚労省:医師と歯科医師41人処分発表 免許取り消し3人
特定看護師:広範囲の医療行為可能に 厚労省検討会が提言
厚労省調査:2人目以降の出生、夫の育児時間長いほど増加
障害年金:障害者手帳所持者の受給少なく 厚労省が調査へ

北教組事件 党内外から「小林氏辞職を」 本人は否定(毎日新聞)
<百五銀行>ATM一時使用不能に(毎日新聞)
百貨店→駅 高級店舗が続々シフト(産経新聞)
黒澤明記念館の建設、再契約へ=寄付金使い込み問題で市長−佐賀・伊万里(時事通信)
<雑記帳>ランドセル菓子に注文相次ぐ 京都のホテル(毎日新聞)
posted by ムラオ タダヒコ at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。