2010年03月27日

首相動静(3月25日)(時事通信)

 午前7時30分から同45分まで、チリのピニェラ大統領と公邸で電話会談。外務省の武正公一副大臣、吉良州司政務官ら同席。同48分から同8時8分まで、松井孝治官房副長官。
 午前9時51分、公邸発。「昨晩の民主党の小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長との会談内容は」に「今が一番厳しいときだからこそ、しっかりと党と政府の意思疎通を頻繁に図っていこうと(話した)」。同53分、国会着。同55分、参院第43委員会室へ。同10時、参院厚生労働委員会開会。
 午前11時42分、参院厚生労働委休憩。同43分、参院第43委員会室を出て、同44分、国会発。同46分、官邸着。同47分、執務室へ。同48分から同58分まで、松井官房副長官。午後0時6分、執務室を出て首相会議室へ。
 午後0時7分、菅直人副総理兼財務相、仙谷由人国家戦略担当相、平野博文官房長官と昼食。
 午後0時49分、菅、仙谷、平野各氏が出た。同50分、首相会議室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同54分、衆院本会議場へ。同55分から同57分まで、五十嵐文彦衆院災害対策特別委員長。同1時から同2分まで、牧野聖修衆院政治倫理・公選法改正特別委員長。同3分、衆院本会議開会。
 午後2時35分、衆院本会議散会。同36分、衆院本会議場を出て、同37分、国会発。同38分、官邸着。同39分、執務室へ。
 午後2時40分、熊本県の宮本勝彬水俣市長、田島一成環境副大臣、松野信夫民主党参院議員が入った。同58分、松野頼久官房副長官が加わった。同3時6分、全員出た。
 午後3時9分から同35分まで、三谷秀史内閣情報官。
 午後3時36分から同51分まで、日本貿易振興機構(JETRO)の林康夫理事長。岡田秀一経済産業省通商政策局長同席。
 午後3時52分から同4時9分まで、福島瑞穂消費者・少子化担当相、内田俊一消費者庁長官。同13分、執務室を出て首相会議室へ。同14分、菅副総理兼財務相、岡田克也外相、赤松広隆農林水産相、直嶋正行経済産業相、仙谷国家戦略担当相が入った。同33分、平野官房長官が加わった。
 午後4時53分、全員出た。同54分、首相会議室を出て執務室へ。
 午後4時56分から同5時4分まで、仙谷国家戦略担当相。同5分、執務室を出て特別応接室へ。同6分から同15分まで、報道各社のインタビュー。「郵政見直し法案に関して、亀井大臣にどう答えたのか」に「私が了解をしたというふうに伝えられているが、実際には了解ではないと理解をしていただきたい」。同16分、同室を出て大会議室へ。同17分、「新しい公共」円卓会議開始。
 午後6時40分、同会議終了。同41分、大会議室を出て、同42分、官邸発。
 午後7時15分、東京・上落合の落合斎場着。国連東ティモール統合ミッション(UNMIT)の故川上隆久事務総長副特別代表の通夜に参列。同18分、同所発。
 午後8時3分、東京・芝公園の東京プリンスホテル着。同ホテル内の日本料理店「清水」で岩見隆夫毎日新聞客員編集委員らと食事。
 午後11時、同ホテル発。同9分、公邸着。
 26日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

“国境の島”は外国人参政権付与に反対 与那国町、壱岐市など(産経新聞)
医療事故モデル事業継続=5学会で社団法人立ち上げ−「2年で制度化への道筋を」(時事通信)
小沢氏、参院選に危機感…生方氏の解任撤回(読売新聞)
スーザン・ボイル、自宅侵入事件でティーンエイジャーを逮捕
岡田外相の核発言を批判=共産・小池氏(時事通信)
posted by ムラオ タダヒコ at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。